健康な頭皮を作るには「正しいシャンプーの方法」が欠かせない!

シャンプーは頭皮ケアの重要な要素です。なので健康な頭皮を作るには正しいシャンプー方法が欠かせません。雑誌やテレビでいろいろな手法が紹介されており、自己流でいろいろアレンジしている人もいるのではないでしょうか。

しかし、実はそのシャンプー方法が髪を痛めているかもしれませんよ。間違ったシャンプー方法は頭皮トラブルの元です。抜け毛や薄毛など頭皮トラブルは、間違ったシャンプーの方法によって引き起こされていることもあるのです。

正しいシャンプー方法を実践して健康な頭皮を作りましょう。

正しいシャンプー方法は難しくない

正しいシャンプーの方法と聞くと何だか難しいテクニックや特別なことが必要なの?と思うかもしれませんが、全くそんなことはありません。

シャンプーの語源は「頭皮をマッサージする」という意味があります。正しいシャンプー方法はこれをただ実践するだけです。その他には以下の5つがポイントとなります。

  • よくすすいでからシャンプーをつける
  • 頭皮をよく洗いよく流す
  • シャンプーは2回洗いが基本
  • トリートメントは頭皮につけない
  • トリートメントは毛先から付ける

このように特別なテクニックや難しいことは必要ないのです。毎日頭皮をマッサージして健康的な頭皮を手に入れましょう。

正しいシャンプー方法の実践

それでは細かくシャンプーの方法を紹介していきます。できればシャンプーの前に湯船に使ってから実践しましょう。湯船に浸かることで頭皮の血行が促進され、よりシャンプーの効果が高まりますよ。

ただ、シャンプーは2回洗いが基本ですが、頭皮乾燥している場合は2回洗いだと洗いすぎになってしまうことがあります。なので、頭皮の状況によって1回にするなど調整してみて下さい。

1回目のシャンプー

1回目のシャンプーは軽く頭皮の汚れを落とすことを目的として行います。なので、あまり熱心に洗わないくてもいいです。

  1. 髪と頭皮を濡らす
  2. 髪についた汚れを落とすように念入りに手グシで落とす
  3. シャンプー剤を手に取り、皮脂が多い頭頂部で泡立てる
  4. シャンプー剤の泡を髪全体に手のひらで馴染ませる
  5. 軽くすすいで泡を落とす

1回目のすすぎではそれほど念入りにすすがなくても大丈夫です。泡がなくなる程度で十分です。ただ、1回しかシャンプーをしない場合はしっかりと時間をかけてすすぎましょう。

2回目のシャンプー

予備洗いの1回目のシャンプーが終わったら次はメインになります。2回目では頭皮をマッサージするように洗います。

  1. シャンプー剤を手に取り、頭頂部で泡立てる
  2. シャンプー剤の泡を髪全体に手のひらで馴染ませる
  3. 手の腹で頭皮を摘んだり、ジグザグしたりしながら前頭部~後頭部をマッサージする
  4. 生え際を意識してしっかりと洗う
  5. すすぎはシャンプーの2倍以上時間をかける

すすぎは泡が落ちただけではまだ頭皮にシャンプー剤が残っています。シャンプーの洗い残しは頭皮トラブルの元。徹底的に洗いましょう。

最後にトリートメントで髪に栄養を与える

シャンプーの後にトリートメントを使うことで髪に栄養を与え、髪が健康的になります。

  1. 軽く絞って余分な水分を取る
  2. 毛先からトリートメントを揉むようにつける
  3. 数分間馴染ませる
  4. 頭皮にトリートメント剤が残らないようにすすぐ

髪は毛先が一番傷んでいます。なので傷んでいる毛先からトリートメントをつけましょう。そして、トリートメントは髪に栄養を与えるものです。なので頭皮には付けないようにしましょう。

トリートメントもシャンプーと同様に洗い残しが残らいようにすすぎます。髪の毛がしっとりする程度まで洗い流すくらいが最適です。