頭皮ケアの基本は血流をよくすること!頭皮の血行をよくするポイントは?

薄毛対策や頭皮ケアなどで挙げられるのが「血流をよくしよう」ということです。頭部の血流がよくなると実は肩こりや頭痛が解消されるとも言われています。ではどうすれば頭皮の血流をよくすることができるのでしょうか?

ポイントは「身体全体のストレッチ」と「頭部の軽いマッサージ」です。

頭部のマッサージはわかるけど、どうして身体全体のストレッチが必要なの?と思われるかもしれませんが、実は全身の血流をよくすることで頭皮にもよい影響があるのです。

毛髪や細胞は心臓などの内蔵よりも血液の優先順位が低いため最後に届きます。そのため全身の血流が良くなればそれだけ頭皮にも血液が行き渡るようになるのです。

特に上半身を集中的にストレッチすることにより頭部に向かう血の巡りがよくなり、結果として頭部のマッサージの効果を劇的に上げることができます。

これをやるとやらないのとでは、頭皮ケアにとって雲泥の差が出るといっても過言ではないでしょう。そしてじっくりとストレッチを行って血流をよくした後は、頭部の側面からてっぺんに向けてマッサージをしていきます。

頭皮マッサージのポイントは決して強くやりすぎないこと

ここでのポイントは決して強くやりすぎないことです。強く頭皮を刺激してしまうと頭皮に負荷がかかり、逆効果になってしまいます。

なので指で軽く刺激してみて、気持ちがいいと感じる部分を重点的にマッサージしていきます。この刺激が頭皮ケアにとってとても重要です。これをすることで抜け毛対策にもなりますし、毛穴自体も綺麗に保つことができるようになるのです。

特に薄毛などに悩んでいる人には大変有効と言えます。それは薄毛や抜け毛の人は、病的や薬による場合を除いてほとんどが血行障害が原因だからです。実際に薄毛の人とそうでない人と比べて、頭皮の温度が低いと言われています。

なので、育毛剤などと合わせてストレッチとマッサージを日常的にすることが薄毛対策の基本なのです。むしろ複雑で時間のかかる育毛ノウハウなどよりも効果を上げることができるでしょう。